カードローンで即日30万借りる方法

カードローンで即日30万借りる方法

銀行系カードローンは店舗で申し込む?

「もしも、どうしても今日中に30万円を借りる必要がある」という時、あなたならどうしますか?最寄りの銀行の店舗まで行って申し込みをしますか?最近は、消費者金融や銀行系のカードローンは、わざわざ店舗まで出向いて手続きをしなくても、インターネットやフリーダイヤルなどから、自宅に居ながらにして簡単に申し込みをすることができます。借金の申し込みをしに行くのは、人目に付くのも気になるし、知っている人に会いたくないですよね。対面での申し込みにも抵抗がある方も多いので、インターネットから申し込みができるというのは、大変ありがたいです。

また、銀行系の場合には、30万円までの借り入れであれば、ほとんどの業者が、専業主婦でも申し込み可能となっていますので、これまで消費者金融会社で断られていた専業主婦(夫)の利用が多くなっています。ただし、専業主婦(夫)の場合には、本人に収入がありませんので、配偶者に安定した収入があることが大前提となっています。申し込み方法はとても簡単です。まず、インターネットの公式サイトで「お申込みはこちら」というボタンをクリックして、申し込みフォームを開きます。フォームに従って必要事項をすべて入力していき、内容を確認したら送信をするだけで完了です。初めての方でも簡単に申し込みをすることができますし、審査結果は即日で連絡をしてもらえるところがほとんどですので、結果が届いたら、すぐに契約手続きに進みましょう。

契約手続きに必要な書類は、30万円程度の借り入れであれば、一般的には収入証明の提出は不要となっています。収入証明とは、会社などから発行される源泉徴収票や給与明細書のことですが、自営業者や個人事業主の場合には、確定申告書や納税証明書などの提出を求められる場合があります。借入希望金額が100万円以上など、業者側が指定する額を超える場合には、あらかじめ準備をしておく必要があります。書類の提出方法は、最近は郵送やファックスでの送付は少なくなっており、スマートフォンなどで提出する資料を撮影して、それを所定のアプリや指定したURLなどにアップロードするという方法が多くなっています。

初めての方でも簡単に送付できるようになっていますし、何か分からないことなどがある場合には、フリーダイヤルで問い合わせをすれば、オペレーターの方が丁寧にサポートしてくれますので、安心して利用することができます。書類を提出すれば、すぐに融資をしてもらうことができるようになります。

 

無利息サービスを利用してお得に借りる方法

このように銀行系のローンに申し込みをして融資をしてもらうことは、とても簡単です。しかし、30万円を借りるのであれば、当然、返済をしなければなりませんよね。30万円となると、一回で返済をするということは難しいかと思いますが、例えば、来月にはボーナスが入金されたり、臨時収入の宛があるというのであれば、一括返済も可能です。その場合は、初めて利用される方に限って、「30日間無利息」でお金を借りることができるサービスを実施している金融機関もあります。その場合には、利用する機関ごとに簡単な条件を設けている場合があります。例えば、申し込みの際にご自身のメールアドレスを登録したり、WEBで利用明細書を確認することができるように登録するなどです。簡単な条件ですので、登録して抵抗がなければ、このようなサービスを利用するのもお得です。

また、30日間無利息というサービスですので、絶対に30日以内に返済をしなければならないというわけではありません。60日後に返済をしたとしても、30日分の利息は不要ということになるわけです。30万円を30日間借りると、《30万円×18%÷365日×30日》という計算式になるので、利息は4,438円となります。1回分のディナー代くらいはお得になりますので、利用しないのは勿体ないですよね。また、30万円を一括ではなく、何度かに分けて返済をしたいという場合には、「5万円まで180日間無利息」というサービスを実施している業者を利用しましょう。

「30日間無利息期間」サービスを利用して30万円を借りるように無利息にすることはできませんが、最終的に支払う総額を減らすことが可能です。このように、キャッシングにしろカードローンにしろ、頭から「借金=悪」というのではなく、上手に活用することで、日常生活で避けて通ることができない事故、病気、けがなどのアクシデントにすぐに対応することができたり、夢や自分自身のステップアップに利用することもできるのです。「あの時に30万円があったら、夢が叶ったのに」なんて後で後悔はしたくないですよね。

お金は働けば返すことはできますが、人生で「これだ」と思えるようなチャンスは、なかなか巡っては来るものではありません。このように、「今すぐに大金は必要ないけど、いざという時に備えたい」、「使うつもりはないけど、保険代わりとして持っている」ということで、契約している方も増えているようです。